ライフスタイル

春の大栗川散策と自家焙煎珈琲豆専門店 Rinn Coffee 【八王子】

リンリンとママの由木めぐりVol.9

由木マルシェをご覧の皆さま、こんにちは!リンリンママです。
4月に入り「春」真っ盛りですね!

桜の大栗川散策からのRinn Coffee(自家焙煎珈琲豆専門店)まで、リンリンとパパと一緒にお散歩してきました。
のんびり&ほのぼの八王子由木めぐりをご紹介します。

京王堀之内駅から大栗川遊歩道の桜へ

スタートは八王子由木地区を走る京王相模原線の「京王堀之内駅」
ここは駅の北側です。

多摩ニュータウン通り方面に向かって歩きます。
近道をするために、大通り手前の路地を入りました。

右手に見えるのは「中華そば一信」さん
あいにく開店前のため、お店のシャッターは閉まっていました。ここの鯛潮出汁」のラーメンはあっさりなのに鯛出汁の旨味をしっかり感じるスープが美味しいんですよね~。胃袋に優しいラーメンは男性だけでなく、女性やお子様にも人気です。

さらに進むと、水色の可愛らしい看板が目印の「MOKA cafe」さんが見えてきました。健康志向の高いお客様に人気のカフェです。

国産・オーガニック食材にこだわる体にやさしいお料理とスイーツは、一度食べたらその美味しさに舌が喜びます!まさに記憶に残る味です。

今は、ガレットランチ米粉のシフォンケーキなどが食べられるようです。詳細は、本文最後のお店の公式ブログをチェックしてくださいね!

ちなみにママは、ここの「チコリオレ」が大好きです♡
※チコリとは?
キク科の多年生野菜で、白いボート状の葉はサラダで食されることが多く、焙煎された根はコーヒーやお茶の風味付けや代用品として利用される。コカ・コーラが発売している爽健美茶にも含まれている。 Wikipediaより

多摩ニュータウン通りを超えて、大栗川の遊歩道にやって来ました。
桜も咲き、春の訪れを感じるひと時です。
ここから川下方向に歩いていきました。

途中振り返るとこの景色です!
南大沢方面に長く続く桜並木が本当に見事です。

サクラに癒されるワン~♪
リンリン
リンリン
 

この日は天気が良く、赤ちゃん連れ、ワンコ連れ、ご夫婦で、ご家族で、カップルで・・・多くの方が花見に来ていました。

ここは大好きなお散歩コースなんだワン!
リンリン
リンリン

Rinn Coffee 自家焙煎珈琲豆専門店&カフェ

大栗川沿いの遊歩道を1キロ弱ぐらい歩き、ふたたび多摩ニュータウン通りに出て、京王堀之内駅方面に少し戻ったところにRinn Coffeeさんはあります。
こちら自家焙煎コーヒー豆の販売とカフェが併設されているお店です。

オープンして12年目になるんだワンッ!
リンリン
リンリン
 

お店に入ると、看板犬の「むぅ」と「れん」がお出迎えしてくれました。
どちらも可愛いダックスフンド~♡

本来はワンコの入店NGなのですが、この日はたまたま他のお客様がいらっしゃらなかったこともあり、オーナーの計らいで特別にリンリンもお店の中に入れていただけました♪

コーヒー豆のいい匂いがするワン~(*^。^*)
リンリン
リンリン

店内レジ横には焙煎されたコーヒー豆がズラリ。
土日にオーナーがコーヒー豆の焙煎作業をされるんだそうです。

この日はタイミング良く、コーヒー豆の焙煎の様子を撮影させていただけました。どうぞご覧ください。

Rinn Coffeeさんではコーヒー豆を焙煎する前に、輸入された生豆の灰汁(アク)や汚れを取るための水洗浄をされているのが大きな特徴です。
手間暇のかかる作業ですが、これを行うのと行わないのとでは、コーヒーの味や香り、風味に大きな違いが出るのだそうです。

丁寧な手作業を大事にされてるオーナーさんだワン!
リンリン
リンリン

お散歩あとのCoffee Breakはこちら。
RinnオリジナルブレンドコーヒーM(330円税込)と、オーナー手作りのシフォンケーキ(150円税込)のセットです。

Rinnオリジナルブレンドコーヒーは、甘み、酸味、香りのバランスが非常に良くとても飲みやすいコーヒーでした。ミルクを入れずにストレートで飲みたいと感じる味です。

そして、シフォンケーキ
お客様に大人気の商品のため、すぐに売り切れてしまうこともしばしば・・・今日はラッキーでした♡

ふわふわ&しっとりで、安心する家庭的なお味。こちらもとっても美味しかったです!

そして驚くのは、2つ合わせてお値段なんと480円税込!
自家焙煎の淹れたてコーヒーと手作りスイーツが、今どきワンコイン以下で楽しめちゃうなんて!!とってもリーズナブルヽ(^。^)ノ

甘み・酸味・香りのバランスが絶妙!Rinnオリジナルブレンド

カフェでいただいたコーヒーが美味しかったので、自宅用にコーヒー豆を買いました。家で豆を挽く方には豆の状態でも買えますし、お店で挽いたものを購入することもできます。お値段は450円/100gでした。

オーナーである娘さんと、そのお母さまお二人で経営されているRinn Coffeeさん。平日はお母さまがお一人で、週末にはオーナーと二人でお店に出られてます。焙煎とスイーツ作りを担当されているのはオーナーです。

とっても気さくなお二人ですので、おしゃべりを楽しみにコーヒーを飲みに来るお客様も多いです。

ここでリンリンより、耳よりな情報を!

2021年4月より、日曜日にRinn Kitchenというクレープのキッチンカ―をはじめたんだってワン!
自家製ジャム入りのクレープが人気だワン~♪
詳しくは、以下をクリックしてワン!
Rinn Kitchen(内部リンク)
リンリン
リンリン


今回も、最後までお読み下さりありがとうございました。

Rinn Coffee

Rinn Coffeeページはこちら>> 

中華そば 一信

中華そば 一信のページはこちら>>

 MOKA cafe 
モカカフェのブログはこちら▷(外部リンク)

MOKA cafe ページはこちら>>

続けて読みたい記事

この記事に関連する記事は
▽こちら▽
リンリンとママの由木めぐり Vol.8

Share: