ニュース&トピック

15分99円のワークスペース「TiNK Desk」にサブスクプラン新登場。12月1日提供開始

tsumugが展開
予約から会計までLINEで完結

セルフワークスペース「TiNK Desk」

15分99円でワークスペースが利用できる「Tink Desk」(株式会社tsumug、本社:福岡県)は、「継続的に働きやすい、居心地の良い空間提供」を目指し、月一回から毎週など利用者の使用頻度を想定した3種類のサブスクプランを2021年12月1日から提供開始したことを発表しました。以下発表内容をご紹介します。

サブスクプラン導入の背景

緊急事態宣言解除後の現在も、リモートワーク・テレワークは一定以上定着しています。パーソル総合研究所は「テレワークには様々なメリットがあり、コロナ収束後もテレワーク継続を希望する人は約8割にも及ぶ」と発表をしています。また、当社「TiNK Desk」利用者向けのアンケートでも、「週の数日、リモートワークを実施している」と回答するユーザーが多く、企業も個人も出社に限らない働き方は今後も続く傾向にあると捉えています。

しかしリモートワークの継続に必要な、ネットなど自宅環境を整える費用やコワーキング施設など家やオフィスではない外部施設利用費、カフェなどを利用する費用については、大半が「自己負担」であることが当社「TiNK Desk」利用者向けのアンケートによりわかりました。

これらを受け、毎日ではなとくとも継続的に、必要な分だけで使いやすい「TiNK Desk」を目指して、サブスクプランの提供を開始しました。

毎日ではなとくとも継続的に
必要な分だけで使いやすい
『3つ』のサブスクプラン

サブスクプランでは、契約プランによってそれぞれ無料時間が付与されます。無料時間内でご利用できるのは、シェアデスク・ワークデスク(個室以外の1名用席)のみです。無料時間以外は、全拠点・全設備のご利用料金が20%OFFになります。

1. スタータープラン
月1回は継続して利用したい人向け
2. ライトプラン
週1時間はオンラインMTGで使いたい人向け
3. スタンダードプラン
毎週2時間は集中して作業したい人向け

東京・福岡、同時プロモーションを展開!

2021年12月から東京・西小山駅、福岡・天神駅の駅構内広告の掲示にて「TiNK Desk」のプロモーションを展開いたします。

・掲示期間:2021年12月1日〜14日
・掲示場所:<東京>東急西小山駅1階コンコース / <福岡>西鉄福岡(天神)駅1階通路

「TiNK Desk」とは

「TiNK Desk」は、福岡市内や東京都内など累計13拠点にサービスを提供。多摩ニュータウンエリアでは南大沢駅前のイトーヨカドー内5階にあります。
「TiNK Desk」の詳細やご利用方法、料金などにつきましては上の画像をクリックして八王子由木マルシェ内特集ページを御覧ください。

Share: