ニュース&トピック

劇場版「鬼滅の刃」公開3日で46億 国内歴代1位 全世界の映画興行収入を超える

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の勢いが止まらない

人気漫画「鬼滅の刃」を原作にした「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のオープニング記録が、全世界の映画興行収入を超えたと米New York Timesが報じた。

配給する東宝によると、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の10月16日(金)~18日(日)の3日間の興行収入は、およそ46億2311万円。観客動員数は342万人に上る。また、本興行成績は、平日、及び土日ぞれぞれにおける、日本国内で公開された映画の観客動員・興行収入の歴代1位となった。

 米New York Timesは、10月20日、「同期間の日本を除く全世界の映画興行収入を超え、世界で最大のオープニングとなったと報じた。

<10月16日(金)・17日(土)・18日(日) 3日間興行成績>
観客動員:342万493人
興行収入:46億2311万7450円 

<各日興行成績>
          観客動員    興行収入
10月16日(金)  910,507人   1,268,724,700円
10月17日(土) 1,270,234人   1,701,723,350円
10月18日(日) 1,239,752人   1,652,669,400円

情報元:株式会社アニプレックスkimetsu.comより

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は、人気漫画「鬼滅の刃」を原作にし、大正時代の日本を舞台に、主人公たちが敵の鬼たちと戦いを繰り広げる物語で、去年放送されたテレビアニメの続きが描かれている。ファンと業界の両方から、何ヶ月もの間熱く期待されていた。

米New York Times10月20日より引用

The film outperformed all expectations, more than doubling the country’s record for the largest opening weekend, with over 3.4 million people shelling out nearly $44 million on tickets. In what may be a first for Japan, the movie had the biggest opening in the world last weekend — more than all other countries combined — despite having debuted only domestically.

(和訳)この映画はすべての期待を上回り、最大のオープニングウィークエンドで国の記録を2倍以上にし、340万人以上が4400万ドル近くのチケットを売り出しました。日本で初めてのことかもしれませんが、この映画は、国内でのみデビューしたにもかかわらず、先週末、他のすべての国を合わせたよりも多く、世界で最大のオープニングを記録しました。

2014年の映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」を大幅に更新

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の興行収入について、東宝と、映画の記録をまとめている興行通信社によると、16日の興行収入はおよそ12億6千万円で、2014年に公開された「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」のおよそ8億7千万円を大幅に上回り、公開初日の興行収入の過去最高を更新した。

また、土曜日(17日)と日曜日(18日)の興行収入は、合わせておよそ33億5千万円で、同じく「妖怪ウォッチ」のおよそ16億2千万円の2倍以上となり、土日の興行収入も過去最高を記録したという。

Share: