ニュース&トピック

八王子の芸術家「大窪勇壱氏」フランス芸術家協会 ル・サロン外国人会員に認定

大窪勇壱

八王子市の芸術家、大窪勇壱さん(おおくぼ ゆういち)は令和4年、厳しい選考を通過しフランス芸術家協会(ル・サロン)外国人会員として認定されました。今後はフランス芸術家協会に所属(名簿入り)し活動の幅を広げます。

暗闇に神々しく光る「神の滝」でル・サロンに過去2回入選

大窪勇壱さんの作品世界は「神の滝」がテーマ。暗闇に神々しく光を放つ滝からメッセージを送る。これまで「神の滝」シリーズでル・サロンで2度入選。海外ではスペイン美術賞展で推薦選出、ポルトガル美術賞展入選、国内では世界平和芸術家協会展(2021年/国立新美術館)で「神の滝~平和~」が国際芸術大賞受賞するなど活躍されています。

大窪勇壱さんの作品は、村内美術館(八王子市)や山の上美術館(山梨県)、光ミュージアム(岐阜県)、福原記念美術館(北海道)などに収蔵されています。

大窪勇壱さんの作品「神の滝」

左「神の滝~祈り~」、右「神の滝~平和~」

大窪勇壱さんのコメント

私は所属するまでに準備期間も含め10年以上かかりました、ずっと目標としてきましたので感無量です! 今後はしばらくフランス芸術家協会(ル・サロン)外国人会員として活動してまいります! ここがゴールではないので引き続き頑張りたいと思います

大窪勇壱さんのアトリエで撮影

写真左:大窪勇壱さん、右:「神の滝」新作

入選だけでも難関。世界中のアーティストが目指すル・サロン

世界中のアーティストが目指す世界最古の国際公募展ル・サロンは入選だけでも難関といわれ、その先(会員)に進むにはル・サロンに2回以上入選し活躍することが絶対条件といわれています。

毎回6点の作品を制作しフランスへ送り審査を受けるなど厳しい選考が壁となります。選考では日本人の該当者無しの年もあるそうで、まさに狭き門と言われています。

ルノワール・ミレー・モネなど美の巨匠たちも出展したル・サロン

1663年ルイ14世が創設した世界最古、世界屈指の国際公募展ル・サロンを現在運営してるのがフランス芸術家協会。協会は1881年に設立。ル・サロンを引き継ぎ現在に至る。

過去にはルノワール、ミレー、モネ、ルブラン、セザンヌ、シャルダン、ダヴィッド、ジェリコ、ドラクロア、クールベ、ドーミエ、マネ、ピサロ誰もが知る偉人が出展した由緒正しき国際公募展であり、美術史上に残る多くの巨匠がこのル・サロンによって名を馳せました。



大窪勇壱さんのプロフィール

芸術家大窪勇壱

◇活動名:大窪勇壱(本名:大久保雄一)
◇出身地:東京都
◇フランス芸術家協会(ル・サロン)外国人会員

東京セサミプレイス(シンプソン)テーマパーク内に説置された花のデザイン画を制作、その後格闘家を経て2008年より絵画教室(2008~2011)にて水彩と油彩を学ぶ、2009年からは写実画を中心に風景画を描くようになる。 代表作【神の滝】(絵画)で国際公募展ル・サロンに2度入選。2022年フランス芸術家協会外国人会員認定をはたすなどの豊富な実績を持つ。

年鑑掲載:大窪勇壱氏の作品評価額1号25万円(2021年12月現在)

大窪勇壱さんの経歴

【経歴】
フランス芸術家協会(ル・サロン)外国人会員
元 國美藝術家協会 特別会員
元 日本国際美術家協会 会員
元 八王子美術連盟 会員


1991年:東京セサミプレイス(シンプソン)テーマパーク内に説置された花のデザイン画を制作、その後アート活動から離れていたが2008年より絵画教室(2008~2011)にて水彩と油彩を本格的に学ぶ、2009年からは写実画を中心に風景画を描くようになる。


2012年頃から全国規模の公募展などで活躍、2017年になるとオリジナル絵画「神の滝」を考案、その後神の滝をシリーズ化し次々に新作を誕生させている。

☆作品収蔵(順不同) Publiccollection

・(北海道)福原記念美術館 2作品:神の滝〜歓喜〜 油彩F6 神の滝〜祈祷〜 油彩SM
・(宮城県)秋保の杜佐々木美術館 2作品:神の滝〜五運〜 油彩F6 神の滝〜達成〜 F6

・(東京都)公益財団法人 村内美術館 作品:フランスの景色 油彩F50
・(山梨県)山の上美術館 2作品:神の滝~静心~ 油彩F10 神の滝~光~ 油彩F10
・(岐阜県)一般財団法人 光ミュージアム 神の滝〜祈り〜 油彩F20
・(和歌山県)森の中の如月美術館FMマザーシップ88.9 2作品:神の滝〜願望〜 油彩F6 神の滝〜静〜 油彩SM
・(山口県)逍雲堂美術館  2作品:神の滝〜機運〜  油彩F6 神の滝〜福寿〜 F6
・(愛媛県)西予市立美術館ギャラリーしろかわ 2作品:神の滝〜上昇〜 油彩F6 神の滝〜恵〜 油彩F4
・(鹿児島県)一般財団法人 松下美術館
2作品 神の滝〜希望〜 油彩P20号 帰港する帆船 油彩6号
・(沖縄県)南城美術館 2作品 神の滝〜瞑想〜 油彩6号 ハイビスカス 油彩6号

・(山梨県)都留市博物館(ミュージアム都留) 作品:紫富士 油彩S15
・(東京都)檜原村郷土資料館 作品:日本の滝百選 払沢の滝 油彩F20
・(東京都)奥多摩町役場 3作品:日暮れ時 油彩P100 雪上の薔薇 油彩SM 夕刻の風景 油彩SM
・(東京都)観光施設 夕やけ小やけふれあいの里 作品:神の滝 油彩F50
・(東京都)ファッションブランドRESURRECTION flagship shop 2作品:神の滝~導き~ 油彩S15 神の滝~結氷~ 油彩F20
・(埼玉県)温泉施設 都幾川四季彩館 2作品:神の滝~快復~ 油彩F8 神の滝~向上~ 油彩F8
・(神奈川県)海上保安庁第三管区海上保安本部 作品:夕刻~YOKOHAMA~油彩F6


☆新聞・雑誌掲載などニュース Mass media

・2015新年1.2月合併号  全日本美術新聞 フランスの景色掲載
・2015年春号  美術雑誌アートジャーナル掲載
・2016年春号  美術雑誌アートジャーナル掲載
・2016年夏秋号 美術雑誌アートジャーナル掲載
・2018年 書物 世界芸術家辞典掲載作家となる 経歴、神の滝掲載
・2019年11.12月合併号 カメラ雑誌フォトアサヒ 親子で特集記事と神の滝掲載
・2019年号 美術雑誌アートジャーナル親子展記事掲載
・2019年号 カメラ雑誌フォトステージに親子展スケジュール掲載
・2022年  インターネット八王子マルシェニュースサイトに掲載される
・2023年 新聞タウンニュースに特集記事掲載1月5日号
・2023年  インターネットYahooニュース、タウンニュース、NEWS PICKS、エンタメポスト、NEWS Collectニュースサイトに掲載される


☆受賞 Prize

・2012年 第36回 國美藝術展 東京都議会議長賞受賞(東京都美術館)
・2013年 スペイン美術賞展 推薦選出(スペイン カサレビージャ美術館)
・2013年 第37回 國美藝術展 國美藝術展賞受賞(東京都美術館)
・2014年 サムホール絵画コンテスト 画材賞受賞
・2014年 第38回 國美藝術展 國美藝術家協会 理事長賞受賞(東京都美術館)
・2015年 世界平和芸術家協会展 最優秀作品賞受賞(千住シアター1010)
・2015年 第39回 國美藝術展 芸術選奨受賞(東京都美術館)
・2016年 リープ展 優秀賞受賞(世田谷美術館)藝術家年鑑出版社主宰
・2016年 世界平和芸術家協会展 特選受賞(千住シアター1010)
・2016年 雑誌アートジャーナルにて美術選奨受賞
・2016年 第40回 國美藝術展 審査委員奨励賞受賞(東京都美術館)
・2017年 世界平和芸術家協会展 写真部門最優秀作品賞受賞(千住シアター1010)
・2017年 グレートリープ選抜展 優秀賞受賞(目黒区美術館)藝術家年鑑出版社主宰 神の滝~静~
・2017年 第41回 國美藝術展 國美藝術家協会賞受賞(東京都美術館) 神の滝
・2018年 リープ展 特選受賞(目黒区美術館)藝術家年鑑出版社主宰 神の滝~祈祷~
・2018年 第9回世界平和芸術家協会展 精鋭作家優秀賞受賞 神の滝~結氷~(千住シアター1010)
・2021年 第12回世界平和芸術家協会展 国際芸術大賞受賞 神の滝〜平和〜(国立新美術館)
・2022年 Luxembourg Art Prize2022 芸術功労証書授与 神の滝〜平和〜

☆海外実績 Overseas exhibition

・2013年 スペイン美術賞展 推薦選出
・2014年 ポルトガル美術賞展  入選
・2015年 韓国国際交流展 韓書美術大展
・2019年 第229回 ル・サロン入選 フランス(グランパレ美術館)作品:神の滝~祈り~油彩F20
・2021年 第231回 ル・サロン入選  フランス(会場での開催はコロナのため中止、フランス芸術家協会HPにて開催)作品:神の滝〜平和〜
・2022年 Luxembourg Art Prize2022 芸術功労証書授与 作品:神の滝〜平和〜


☆個展 Exhibition

・2013年 八王子市民センター
・2020年 FMエキシビションサロン銀座(親子展)

スポンサーリンク
 

Share: