ライフスタイル

温かいつけ汁で食べる手うち蕎麦に感動!古譚(こたん)別所

中の人Bがいく!ゆぎメシNo013

由木マルシェをご覧のみなさん、こんにちは。リンリンママです。

美味しいものに目がないママですが、中の人Bさんに代わって『ゆぎメシ』を代打で担当させていただきます (*’▽’)
今回は、ママが最初に食べた時にその美しさ美味しさに一目惚れをしてしまった♡とっておきのお店をご紹介します!

手うち蕎麦 古譚 こたん

古譚の外観

見てください、シックでお洒落な入口でしょう~。
実は、周りの住宅街と非常に馴染んでいる佇まいのため、初めて来る方は普通に前を通り過ぎてしまうくらいにひっそりとしているんです……まさに、隠れ家的なお店です。

さっ、中に入ってみましょう。

店内は、4人掛けテーブル席が4つあり、ゆったりと落ち着いた空間でした。
ママが入った時にはすでに3つは他のお客様が座っており、最後のテーブル席に案内されました。

木のぬくもりを感じるテーブルに、陶器でできたランプ照明、そして窓からの穏やかな光が差し込むその美味しさにママはすっかり魅了されました (*´▽`*)

明るすぎず暗すぎず、静かな音楽の流れる居心地の良い空間です。

そば茶

お蕎麦屋さんだけあって、お茶もそば茶なんですね。
その香ばしい香りと味で心が落ち着きます~ (´▽`*) 

と、その時に一人の女性客が入ってきましたよ。


あいにく店内は満席。ママは一人で4人席を占領しているのも申し訳ないと思い、お店の方に話して相席を勧めてもらったところ、その方も快く受け入れてくださり、相席となりました (^ω^)

お品書き1

お品書き2

初めてきたママは、どのメニューにしようかな~と・・・・

やっぱり最初は『かけそば』がいいかな?それともいきなり『十割』に行く?
でも蕎麦と言えば「天ぷら」も一緒に頼むのが王道だよね・・・

ママが注文をなかなか決められない中、相席になったその方は常連さんらしく
きのこくるみせいろを1つ」と、
ぱっと注文をされたんです。


えっ?!キノコクルミ???
なんだそれ???
そんなメニューがあるのぉ~~~? ( ゚Д゚)


ママは急いでメニューの中でそれを確認し、その方に
「それって美味しんですか?」
と思わず聞いてしまいました。すると、
「ここのお蕎麦は何を注文してもすごく美味しいのよ。」
「つけ汁の種類が多くてね、とまとも美味しわよ。野菜が多く入っているのよ。」と、


トマト???
お蕎麦にトマト?

いったいどんなお蕎麦なのか興味津々 (@_@。
野菜もたくさん入っているというので、その点も惹かれます。

そして、
「とまとなら、ランチセットがお得よ。」
とも併せて教えてくれたのです。

平日のお得なセットメニュー

本当だ。 ヽ(^o^)丿
単品で頼むのよりプラス130円で『そば料理と玉子焼』がついてくる~♪
オ・ト・ク という言葉に弱いママ(笑)
勧められたとまとつけ汁セット 1,430円を注文しました。

※メニューは季節によって、またその時々によって変わることがあります。詳細はお店の方におたずねくださいね。

そば料理と玉子焼

左側が『そば豆腐』。
ごま豆腐に似た感じです。見た目よりも軽い口当たりで、なめらかな食感。
食べてみると、そばの香りが口に広がりました。

右側は『玉子焼』。ふっくら、ふわふわ!
うっすら甘い出汁巻き玉子焼でした。

2種類のつけ汁とせいろ蕎麦

きのこくるみせいろ

そうこうしているうちに、女性が注文されたきのこくるみせいろ 1,300円が到着しました。
お言葉に甘えさせていただき、1枚写真を撮らせてもらいました。

見るからに濃厚でクリーミーなつけ汁で、身体が温まりそう (´▽`*)
くるみが擂ってあるのでしょうか。栄養価が高そうなつけ汁ですね。とっても美味しそうです~♪

次回はこれにしよう!と、ひそかに心に誓ったママでした ( `―´)ノ

とまとせいろ

とまとせいろも到着です。
こちら、野菜を具にしたトマト仕立ての温かいつけ汁になっています。
お野菜がゴロゴロといっぱい入っていて、見栄えがしますね♪
さあて、どんなお味なのでしょうか。。。

とまとせいろアップ

出汁が効いたそばつゆにトマトの酸味と野菜のうま味が絶妙なバランスで入っている感じです。


こ・れ・は 美味しい~~~っ!!


なんて言うのでしょう、和風のシチューとでも言いましょうか。
細い蕎麦との絡みも良くて、何度でも啜りたくなる、そんなお味です!
もう、後を引く味なんですよね…

今日はこれにして本当に良かった~と心から思えたお蕎麦でした。

そば湯

食事が終わるころに、そば湯が到着しました。

この器、可愛くないですか?
そば湯よりも器に目が行っちゃうママです。 (*’▽’)

実は古譚さんのランプ照明と食器の一部は、磁器作家・道具政子さんの作品なんだそうです。
(古譚さんHPより)
すんませんっ💦 ランプ照明の写真を撮るのを忘れてしまいました~ (;’∀’)
こちらお店のHPにも載っていますので、よかったら見てみてくださいね。


残ったつけ汁にそば湯を入れて、最後はスープとしてつけ汁も堪能いたしました。

ごぼう天もごぼう天がすごい量なのよ

あまりにもつけ汁そばが美味しかったので、実はママ翌週にも行っちゃったんです!
今度は、あのきのこくるみせいろを食べる気満々でね~


ところが、
その日はちょっと暑かったこともあって、冷たいお蕎麦もいいな~という気分に (´▽`*)
そこで思い出したのが、相席になったあの方の一言です。
「ごぼう天も、ごぼう天がすごい量なのよ。いつか食べてみて。」

メニューでごぼう天を探すと、平日のお得なセットメニューにありました。
冷やしごぼう天そばセット 1,180円

冷やしだぁ~!
次にいつ平日に来れるか分からないから。。。。。。今日はコレにしよう!
ということで、きのこ→ごぼうに変更です(笑)

冷やしごぼう天そばセット

どんぶりに入ったごぼう天そばに、冷たいそばつゆをぶっかけて食べるタイプでした。

冷やしごぼう天そばアップ

お蕎麦とごぼう天はこんな感じです。

噛み応えのあるごぼう天、ゴボウの食感を楽しめます。
そして、食べても食べても無くならない。。。
お蕎麦とネギの天ぷらが終わっても、最後までごぼう天は器に残りました。
本当に、すごい量でした。

冷やしごぼう天そばの最後はそば湯でスープに

これをご覧いただいたら、状況が分かっていただけますかね(笑)

つけ汁のお蕎麦とはまた違った、冷たいお蕎麦にボリュームたっぷりのごぼう天セット、こちらもとっても美味しくいただきました。
ごちそうさまでした (^ω^)

そば茶アイスクリーム

お腹いっぱいでしたが、巷ではデザートは〇腹と言いますよね (´▽`*)
こちら、バニラアイスを作る時にそば茶も入れて煮出して作られている、そば茶アイスクリームです。

そばの実あられがトッピングされています。見た目よりもさっぱりとしていて、天ぷら後のお口直しにちょうど良かったです。

最後に

創業11年になる古譚さん。蕎麦屋を始めるたに移住され、別所にお店を構えてちょうど12年目に入ったところだそうです。

店主は早朝から蕎麦を打ち準備をします。派手に宣伝せずとも、お客様の舌がその美味しさを広め、遠方からでも人が来るお店なのだと思いました。美味しいお蕎麦だけでなく、食器やインテリアにもセンスの良さを感じました。


ママのおひとり様ご飯タイム、相席になった女性客との会話も楽しく有意義なものとなり、本当に良い時間を過ごさせていただきました。ありがとう、古譚さん♡

看板と入口の取っ手

お店の看板と入口扉の取っ手です。
こちらも素敵だなと思っていたら、金属工芸作家の光本岳士さんの作品だそうです。(古譚HPより)

店舗情報  
手うち蕎麦 古譚
HP https://sobakotan.exblog.jp/

+2
Share: