ニュース&トピック

世界でも類がない伝統芸能「八王子車人形」 国の重要無形民俗文化財に

スポンサーリンク

八王子市の伝統芸能「八王子車人形(はちおうじくるまにんぎょう)」が、国の重要無形民俗文化財に指定される予定です。八王子市ホームページによると、令和4年1月21日(金)、国の重要無形民俗文化財にふさわしいものとして、国の文化評議会より文部科学大臣に答申されました。八王子市に所在する文化財としては、国の重要無形民俗文化財の指定は初めて。

文化財の所在地 東京都八王子市
保護団体 八王子車人形西川古柳座
公開期日 随時

桑都で育まれた伝統芸能
八王子車人形とは?

「ろくろ車」と呼ばれる車をおさめた箱に腰掛けて操る一人遣いで、右手で人形の右手、左手で人形の左手と首、さらに指で目・口・眉まで動かします。人形が舞台に直接足をつけて演技が出来るため、独自の躍動感が生まれるのが特徴です。このような構造は世界でも類がないといわれています。

車人形は、ろくろ車(箱車)に乗った人形遣いが一人で一体の人形を遣う人形芝居です。 文政8年(1825年)に現在の埼玉県飯能市に生まれた山岸柳吉(初代西川古柳)によって幕末に考案され、多摩地方を中心に関東一円に広まりました。明治時代に八王子に伝えられて以来、八王子車人形は西川古柳座によって継承され、養蚕や織物で発展した八王子で親しまれてきました。八王子車人形は伝統的な説経浄瑠璃や義太夫節の語りとともに演じられるほか、様々なアーティストとの共演もさかんです。昭和51年(1976年)のモスクワ公演以来、海外でも古典から新作に至る演目を公演しています。

(八王子車人形リーフレットより引用)

関連記事(外部リンク)

「八王子車人形」が国の重要無形民俗文化財に!(八王子市HP)

続けて読みたい記事(内部リンク)

JR東日本と八王子市のコラボ企画シーズンサプライズとは?八王子駅に出現する「靴マーク」

Share: