ニュース&トピック

【特殊詐欺】留守番電話で撃退、3つの活用方法とは

 警視庁犯罪抑止対策本部の特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京では、年々被害及び手口が増加する特殊詐欺について、様々な情報を提供しています。

 このページでは、留守番電話を有効活用する情報を提供しています。

『特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京』とは

『特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京』は、特殊詐欺を根絶するために、警視庁、東京都、経済団体、労働団体、暴追・防犯団体、高齢者団体がタッグを組み平成25年10月から運用を開始したプログラムです。 このプログラムは、現役世代の息子、孫(会社員)の皆さんに、特殊詐欺の手口や被害にあう原因などを理解してもらい、親・祖父母が被害にあわないために、留守番電話機能の活用方法を学ぶものです。(警視庁犯罪抑止対策本部HPより引用)

詐欺被害に遭わないためには、特殊詐欺犯人からの電話に出ないことが大切です。そのために、留守番電話を上手に活用して防犯することができます。警視庁犯罪抑止対策本部、特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京では、留守番電話3つの活用方法を推奨しています。

 留守番電話、3つの活用方法

1、在宅時も常に留守番電話設定をする

2、相手のメッセージを確認するまで出ない。じっと我慢。

3、親族・知人だと確認してから電話に出る

留守番電話を設定したから安全であるとはいえません。詐欺の手口は日々進化していますから、日頃から意識することが大切です。

東京都 令和2年7月末における特殊詐欺被害額は36億

令和2年7月末における東京都内の特殊詐欺の認知件数は1,694件、被害総額は約36億3,400万円でした。

認知件数 1,694件
被害総額 約36億3,400万円

Twitter(警視庁犯罪抑止対策本部公式アカウント)で特殊詐欺の最新手口を紹介しています。ぜひご覧ください。

その他、認知件数をみると、融資保証金詐欺、ギャンブル詐欺、キャッシュカード詐欺盗が増加傾向にあるようです。中でもキャッシュカード詐欺盗の認知件数が増加しており、全体の30%を超えています。

キャッシュカード詐欺盗、オレオレ詐欺に迫る。被害額9.5億 前年比30%増

被害金額をみると、オレオレ詐欺が約10億と最も被害額が高く、次いで、キャッシュカード詐欺盗が9.5億。オレオレ詐欺に迫る勢いで被害が増えています。

資料提供:警視庁犯罪抑止対策本部
特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京

由木マルシェ(合同会社セルラボ)は、特殊詐欺根絶アクションプログラム・東京の参加企業です。

Share:

Leave a reply