ライフスタイル

年初から、おフランスの風を感じる。

よっさんが行くゆぎ散歩 第7回

はい、お久しぶりです、よっさんです。
しばらく間が空いちゃったけど、待っててくれた読者のみんな(いるかな…)、ありがとです!

今回よっさんがテイクアウトしたのは、南大沢でもおいしくて有名なパティスリー メゾン・ドゥースさん!!!!いやぁ、スイーツ単品やパンが大好きなよっさんですが、意外にもケーキは買いに行くことが少ない…(いや、食べてるけどね)。

ケーキ買うのは、季節のフルーツ系で”どうしても今行かないと買えない!”とか、誕生日とか。その数少ない機会にお世話になってるのがメゾン・ドゥースなのです。

「ガレット・デ・ロワ」と「フェーブ」

中でも、ここ数年必ず買っているのが「ガレット・デ・ロワ」=王様のお菓子(仏語)です。キリスト教の公現日に食べるお菓子だそうなんですが、もぞもぞ小さいものを集めるのが好きなよっさんが食いついたのは、「フェーヴ」という小さな陶器のオブジェ。

元々は陶器の人形で、パイの中にこれを潜り込ませ、切り分けられたパイの中にこれが入っていた人は、王冠をかぶり、その1年が幸運であることを祝福される…というものなのです。

このフェーブはガレット・デ・ロワを作るケーキ屋さんや年ごとに違い、コレクションしている人もいて、メルカリなんかでも思ったより高い値段で取引されてます。

よっさんは、このフェーブ目的でガレット・デ・ロワを買っておりまして、ちなみに昨年のフェーブはこちら↓でした。

なんかこれは限定版だったらしく、小さいながらもよく作られていて、文字もきれいに書かれているので、満足、満足…でございました。他の年では、たい焼きみたいなクッキーみたいな感じのお魚、有名な絵画を小さくしたようなもの…等がありました。

よっさんは、細工をしてブローチとして活用しています。

さて、じゃ、このパイがどんな感じなのかを紹介しましょうかね。

おおおお、なんか”王様のお菓子”というだけあって、格調高いね。

買ってきてすぐに、興奮のあまり撮影しているんで、影が入ってしまっていますが、ガレット・デ・ロワがどんなケーキなのか、フェーブをどう使うのか、それが入ったパイは何を意味するのか…などの説明が入ったかわいいイラストのカードが入っています。

フェーブは以前はパイに入れていたようなのですが、それが食べたときに歯に当たって歯が欠けてしまったり、お子さんが間違えて飲み込んでしまったりしないよう、(メゾン・ドゥースさんに限らず)どこのケーキ屋さんでも別付けのところがほとんどのようです。

メゾン・ドゥースさんでは、アーモンドが入っています。よっさん、”当たるかな~”とウヒヒ気分。(この後家族と”当たった方がなんでもお願いできる”の賭けをします)

そうそう、パイと一緒にちゃんと王冠が入っていますよ。キラキラ~ッ!

さて、パイを切り分けてみましょう。今回買ってきたのは、直径15cmの大きさ。写真は、1/4に切ってます。切っている時もサクサクと音も美味しそう、パイ生地からバターの香りがほわ~んとしてきて、食欲をそそります。

実が詰まった感じでしょ?アーモンドを基調としたクリームのパイは、甘さも控えめながら、印象に残る味。

実はよっさん…アーモンド味があまり得意ではないのですが、それでも癖になる味。一緒に飲むのは、コーヒーよりも、俄然紅茶が合う!!!のですが、今年は変化球で緑茶と玄米茶で一緒に食べてみました。

どっちも美味しいけど、緑茶のほうが個人的には好きかなぁ。緑茶は濃い目に入れることをお勧めします。
それから、ついつい端っこは残してしまいがちなパイの部分。よっさんはたいてい残してしまいそうになるのをぐっとこらえて、飲み物で流し込む感じです…。

ですが、このパイはパイ生地がおいしいのです。サクサク・堅さも絶妙な食感、そして表面に塗られた甘い味…どれもパイだけでも十分お菓子として成立しそうな味。

今回のフェーブは?

さて、、、、今回のフェーブですが、ケーキの形をしたものが何種類かありました。よっさんは、加工することを想定して、他のものよりはやや平面的なものに。カラフルなケーキ型のものとかなり迷いましたがね。フェーブの大きさは↓の感じ。

結構小さいけど、食べててこれに当たったら、確かにびっくりだね…。

拡大してみると、こんな感じです。
こんな小さいところにちゃんと文字とか書かれてるんですよ。あと最近はフェーブも中国製とかがあるらしくて、造形が粗い物もあるのですが、写真の通り”塗り”なんかもきれいに作られてます。

このガレット・デ・ロワは本来1月初旬に食すものなので、1月6日とか7日くらいに売られることが多いのですが、日本ではその1週間とか2週間とか販売されることが多いようです。

ですが!メゾン・ドゥースさんは1月31日まで販売しており、オンライン対応もしています。サイズは直径サイズで15cm、21cm、27cmとありますが、よっさんが購入した15cmサイズは¥2,592(税込)でした。
人気商品なので、店舗に買いに行かれる場合は、電話で先に確認したほうが良いかもしれません。

勝負の行方

さて、フェーブの代わりに入っていたアーモンドをあてたのは、よっさん?それとも家族?→残念ながら、家族の勝ち!王様の座はよっさんには回ってきませんでした…(泣)。
家族からのお願いは”家の水回りの掃除を3か月”という(今までは交代でやっていた)、寒い季節に一番きつい…お願いでした。

きっと別のところで幸運がやってくるはずさっ!

パティスリー メゾン・ドゥース
★コロナ下で営業時間や休店日が変則的になっていますので、ご確認をお願いします。
住所:東京都東京都 八王子市 南大沢 2-206-9
tel: 042-689-6221
【公式ホームページ】パティスリーメゾンドゥース

南大沢駅前ロータリー→自転車置き場の横を通り→横断歩道を渡る→そのまま坂を下り、小さな祠が見えたら右へ。
陸橋をくぐるように多摩ニュータウン通りとは反対側に向かう→道の右側をそのまま5分くらい歩くと、コインランドリー→さらに歩くと、チョコレートカラーが基調のお店に着きますよ。

南大沢駅からは480mあるので、ヒールで歩くと”ちょっと距離あるな…“、スニーカーなら散歩にいい感じの距離です。

この記事に関連する記事は
▽こちら▽

よっさんが行くゆぎ散歩 第6回 >>>

Share: