ライフスタイル

YAKUSHIMA ISSO ボリュームたっぷり1000円ランチ【京王堀之内】


こんにちは、リンリンママ🐶です。

前回取材したCinqSens(サンクサンス)さんのパンをランチで提供しているお店が近所にあると聞き、さっそく行って来ました。

京王堀之内駅の近くに2023年7月オープンした屋久島の食材と植物がテーマのYAKUSHIMA ISSOさん。イタリアンをベースにした「屋久鹿」料理が食べられるお店です。

屋久鹿って😲
いったいどんな味なんでしょうね?
想像がまったくつかないので、楽しみです!

※商品と価格は取材時の情報になります。

お出かけ部ログ Vol,15

京王堀之内駅から徒歩3分。

堀之内酒場だんだんどうもさんのお隣の角地にYAKUSHIMA ISSOさんがあります。

お店の前にディスプレイされた緑の植物と、窓にある大きなQRコードがひときわ目を引くお店です。

店内の様子

お店の中に入ってみました。
南国を感じさせる明るい店内がいいですね。

カウンター席が9席、両方の窓側にそれぞれテーブル席がありす。

今回は一人で来たので、カウンター席に座りました。

屋久島のガイドブックと屋久島産の調味料が数種類置いてあります。

この日の「お冷」として出てきたのが、お客様からいただいたという八丈島産無農薬レモンを使ったレモン水。

ひと口飲むと、爽やかなレモンの香りと味が口の中に広がります。

また、オーダーを取る時には、「食材のアレルギーは何かございますか?」とも。

こういう事を聞いてくださるところ、ホスピタリティを大切にするお店なんだなぁって食べる前から感じます。

店名YAKUSHIMA ISSOの由来

店名のISSOは、屋久島の北部にある集落「一湊」が由来。写真:赤〇で囲ったエリア

屋久島は鹿児島県に位置し、日本にある8つの世界自然遺産(知床・白神山地・小笠原諸島・屋久島・奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島)のなかの1つです。

縄文杉やウィルソン株(豊臣秀吉の命令により京都の方広寺大仏殿造営の為に切られた屋久杉の切り株)といった屋久杉で全国的に名前が知られている人気観光地。

ジブリ映画の「もののけ姫」の舞台のモデルになった「白谷雲水峡」や「太鼓岩」をはじめ、どこか神秘的に見える美しい自然の数々が大きな魅力な島です。

店名のISSOは、屋久島の北部にある「一湊」集落が由来です。
(画像の地図の赤〇で囲ったエリア)

このお店のオーナーシェフ寺田さんのご両親が「一湊」集落の出身で、シェフが小さい頃は夏休みになる度に長期で訪れていた場所。

海・山・人の全てが恵まれていた、思い出深き屋久島「一湊」集落。

「昔は3,000人ほどの人が暮らしていた集落だったが、今では過疎化が進んでしまい、600人ほどに減ってしまった・・・」と話す寺田シェフ。

屋久島「一湊」集落の活性化を図りたいという想いで、このお店を立ち上げたそうです。

東京から屋久島の「食材」と「一湊」集落の「植物」を発信する、イタリアンベースのトラットリアがYAKUSHIMA ISSOです。

20食限定!週替わりランチ

週に1日、その時の食材の仕入れ状況に応じた20食限定の「週替わりランチ」を提供されています。

その名もピアットウニコ!

イタリア語で「ピアットpiatto=皿)」と「ウニコunico=1つの,唯一の,ユニークな」という意味を表します。

つまり、1つのお皿にパスタとメインを盛り付けた「ワンプレートディッシュ」ということです。

屋久鹿のボロネーゼ

今日のランチはラッキーでした!
シェフが勧める「屋久鹿のボロネーゼ」がメニューに入っていました。

最初、鹿肉に臭みがあるのかな~?なんてちょっとドキドキでしたが、食べてみると臭みなどは全く感じません。

ヘルシーな上に高たんぱくな鹿肉と、トマトの酸味とクリームのまろやかさが相まって、美味しくて深みを感じるミートソース。

この美味しさはシェフが勧めるのも納得です。

パスタとよく絡んでいるミートソース、これだけでもお腹がいっぱいになるくらいのボリュームたっぷりな一品でした。

鹿児島産 鶏モモのグリル

こんがり焼かれた鹿児島産の鶏モモ肉のグリル。
皮はパリッ!中は柔らかくジューシーなお肉。

サンクサンスのパン・ド・カンパーニュ

ご近所のパン屋CinqSens(サンクサンス)のパン・ド・カンパーニュ(田舎パン)が添えられていました。

付け合わせのサラダには、酸味の中にコクを感じるドレッシングがかけられており、ちょうど良い箸休め的な存在に。

CinqSens(サンクサンス)のパン・ド・カンパーニュ(田舎パン)

ピアットウニコは1,000円(税込)!

こちら店頭にある看板です。

屋久鹿メニューとしては他に
★屋久鹿のハンバーグ
★屋久鹿のグラタン
★屋久鹿のカレー風味ソーススパゲティー
★屋久鹿のクリームソーススパゲティー
などがあるようです。

今週のメニューが掲載されている公式Instagramをチェック✅してからお店に行かれることをお勧めします!


夜は屋久島のお酒も飲めるトラットリア

入り口近くに、お酒がずらりと並んでいる冷蔵庫がありました。
屋久島の焼酎やパッションフルーツのお酒などが愉しめるようです。

また、お店の公式LINEと公式Instagramの両方をフォローした方には、
いつでも最初のグラスドリンクが無料という嬉しいサービスも!

YAKUSHIMA ISSOのドリンクメニュー

フードメニューはこちら。
赤い丸で囲ってあるものがシェフおススメのメニューです。
ランチに来るのが難しい方は、夜のお店で屋久鹿料理を食べることができますよ。

YAKUSHIMA ISSOのフードメニュー

おわりに

店内にいくつかあるこちらの植物は、屋久島の「クワズイモ」

サトイモ科のクワズイモ属の常緑性多年草で、観葉植物としても知られています。
南国の雰囲気を感じる植物ですね。

GORISTORE TOKYOとタイアップして店内で販売しています。

屋久鹿メニュー目当てで訪れたYAKUSHIMA ISSOさん。

しかし、屋久鹿を食べるということの背景には、屋久鹿の過剰な増加が現在問題になっていることがある様です。

現地では、屋久鹿が島の植物を食べることによって、山岳地帯での植生や樹木に損害を与え、島の生態系のバランスを乱すことが懸念されています。

地元の農家や自治体は、シカの数を調整するための対策や管理をしています。

ただ個体数を減らすために殺すのではなく、島の恵みでもある屋久鹿のいのちを皆で有り難くいただけたら良いなと思いました。

お店の最新情報は公式Instagram等でご確認ください。

店舗情報

店舗名
YAKUSHIMA ISSO
(屋久島 一湊)
営業日と時間
[月〜金]18:00〜1:30
[土・日・祝]18:00〜1:30
木曜日のみランチも営業 11:30~14:30
住所
東京都八王子市堀之内3丁目34−1 
相模原線「京王堀之内」駅から徒歩3分
駐車場
 専用駐車場なし

支払い
現金・各種クレジット・電子マネー

その他
公式Instagram  

※店舗の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

MAP

この記事を書いた人

八王子由木マルシェ リンリンママ

リンリンママ
京王堀之内在住12年目

プロフィールを表示する

八王子育ち。神奈川、長野、米国を経てまた八王子に戻って来ました。
子育て&ワンコとの生活がしやすい多摩ニュータウンエリアがLOVE💗

《好 き》 お出かけ、お散歩、食べ歩き、スイーツ、ヨガ、アロマ、心理学
《仕 事》 旅行&ホテル、整体&セラピスト、教育系、講師業などいろいろ経験
つぶやき 海外旅行でリフレッシュしてきました

バナー広告スポンサー募集中
詳しくはこちら >

 

 

 

スポンサーリンク
 

Share: