ライフスタイル

第三回 一番大切な道具は? – ゴルフの魅力と不思議!

クラフトマン大石の
ゆる〜くゴルフ 第3回

由木マルシェをご覧の皆様、ありがとうございます。クラフトマン大石です。

一気に秋の空気になりましたね。過ごしやすいという事はスポーツをするにも適しているという事でゴルフはトップシーズンです。関東は大体11月くらいまでは快適なラウンドや練習が出来ます。今のうちに沢山楽しみたいと思っております。

そんなこんなで第三回目を迎えました。

今回からは道具についての話が続いていくと思います。なるべく分かり易く書きたいと思いますのでお付き合い下さい。

大事な道具

さて、突然ですが質問です。

ゴルフをプレーするうえで一番大事な道具って何だと思いますか?

ゴルフやった事ないからよくわからないけれど、ゴルフクラブ?と思った方はどれくらいいますか?前回も前々回も飛ぶぞ凄いぞってお話を散々してきましたからね、道具で一番大事と言われたら、まず頭に浮かぶのはゴルフクラブになると思います。


答えは


ボールです。


半分引っ掛け問題じゃないかと思った方も多いかと思いますが気分を悪くしないで下さいね。
なぜこのような質問と答えなのかというとゴルフは球技だからです。ほかの球技で考えてみて下さい。

野球なら投げる為、打つ為に、サッカーなら蹴る為に、その他いろいろな球技がありますが絶対に欠かせない道具、それがボールというわけです。

プレイヤーが選択可能

ではなぜボールからお話を始めるのかというと、ボールって他の球技とは違い特殊なのです。

調べている訳ではないので詳しい事は書けないのですが、基本球技において使用されるボールって規格に沿って作られていると思います。
なのでその球技に対して使用されるボールは統一されているのが殆どかと思います。

野球の試合で今日は硬めですよ、明日は柔らかめですよ、他球場の試合はとても硬いですよとかあり得ないですよね。

どこに行っても、使用されるボールは統一でなければ同じ条件にはなりませんよね。その他の球技も同じだと思います。


ところが、ゴルフというスポーツは基本的な規格は統一されているものの、その規格の範囲内で性能が違うボールをプレイヤー自身が選べるのです。

ゴルフをプレーした事がない方からすると、ボールにそんな秘密があることを知らない方がほとんどだと思います。

この点がゴルフというスポーツの面白みのひとつであると同時に問題点でもあります。統一球にするべきという議論は度々上がるのですが、私個人の意見としてはいろいろな種類があることが選ぶ楽しみにも繋がっているのでいいと思っています。


またひとつゴルフの魅力と不思議に触れたと思います。

球技と考えた場合、ボールに種類があることでゴルフが球技としてその特殊性を感じると思います。なので一番大事な道具はボールという事になります。

3種のボール

ではゴルフボールはそれぞれ何が違うのかを簡単に書き出したいと思います。

基本的に、今は大きく分けて三種類に分かれていると思います。

1、よく飛ぶボール(ディスタンス系)

2、コントロールとスピン性能のボール(スピン系)

3、1と2の間の特徴のボール(第三のボールと呼ばれています)

おおきく分けるとこの三種類です。

実はこの特徴からその中でも柔らかいとか硬いとか、よりスピンがかかるとか、とにかくたくさん枝わかれしていきます。
正直いって全てを試すことは不可能に近いです。

まずはこの3点の大まかな性能の中から自分のプレーにはどのボールが適しているのか当てはめる所から始まります。


それでは極々簡単にその特徴を書き出したいと思います。

1、よく飛ぶボール 

こちらのボールはとにかく規格の中でよく飛びます。

スーパーボールとは言いませんがそんな感じの打ち心地です。飛ばす事に重点を置いているので、スピン性能は少なめになります。
なので短い距離を打ったりする時に少し繊細さに欠ける部分があります。

大きく打つのに有利なボールという事になります。

 2、 コントロールとスピン性能のボール

このボールの特徴はコントロールしやすい事に重きを置いています。
なので飛び性能に関しては若干劣るものの、短い距離を打ったりする時に威力を発揮します。

よくプロゴルファーがバックスピンで戻したりしていますが、このボール性能が大きく作用しています。
ただ、このタイプのボールはある程度パワー等が必要となります。

中、上級者やプロはこちらのタイプのボールを使う方が殆どです。

 3、 1と2の間の性能のボール

こちらは読んでそのまま、どちらの性能も欲しいというある意味欲張りなボールとなります。

であればみんなこのタイプを使えばと思いますが、やはり間の性能だけにある種の物足りなさを感じる部分もあります。
今のところはそんなに上手い話はないのかな?と言ったところなのですが、この先一番伸びていくジャンルなのではないかと思っています。

技術の進歩は凄いので、最終的にはこのボールがなんて思っています。

最後に

ただ打っているボールひとつにもそんな違いが有ることを意識しながら観戦したりプレーすると面白みが増えると思います。

今日はそんなボールのお話でした。

次回はゴルフクラブについて書こうと。前回の終わりもそんなことを書いたのでは、なんて思いますが思い切り脱線しましたね。

次こそはゴルフクラブについて、大丈夫ですよね?多分大丈夫です。いや書きます!それでは次回もお楽しみに。

 関連コラム

第2回 距離 – ゴルフコースは大きなお庭

創刊号|クラフトマン大石の“ゆる〜くゴルフ”

 ゴルフ工房 バーディパパ Instagram

4+
Share: